木内 厚子 Kiuchi Atsuko


一級建築士
Studio8(スタジオエイト一級建築事務所)
〒221-0061 神奈川県横浜市神奈川区七島町14
メッセージ 軽井沢は好きなまちでもあり、幼い頃からの憧れのまちでもあります。豊かな自然と文化のあふれるこの場所で、よい建物、豊かな空間をつくるために様々な提案やアドバイス、サポートをしたいと考えています。別荘や住宅の設計を通して、おかれている環境や実現したい生活スタイルを一緒に考えていけるといいなと思っています。
経歴 1971年 長野県佐久市生まれ
東京芸術大学美術学部建築学科修士課程修了
1997年〜 佐藤光彦建築設計事務所、飯田善彦建築工房を経て
2003年 Studio8設立
ホームページ www.geocities.jp/studio8j
設計実績 【久留和海岸の住宅】 2004
久留和海岸(相模湾)を臨み、また谷を挟んだ向かいの緑豊な山の環境にも恵まれた造成された傾斜地に建っている。敷地は、接道する駐車場から4.5m程下がったところが住宅の地盤面という、敷地内にかなりの高低差をもつ土地であり、そのことから2階からアプローチをとる。2階南側のデッキやLDKからは、山と海の自然豊かな環境を臨み、1階の室内に3畳ほど土の部分を残し、施主が好きな観葉植物オーガスタが植えられ、予想以上にこれらが柔らかな空間を演出している。


photo:Ishiguro Mamoru
【長野の住宅2】 2004
田畑が周囲に広がる田園風景の中に、その環境に同調するように平屋のこの住宅は建つ。
施主の希望であったプライバシーに配慮するために南側は大きなデッキをもち、北側は簡易な屋根の架かった性格の違う光を透す塀で囲われた屋外スペースをもつ。室内はワンルームのようにも使えて、必要に応じて建具で仕切ることも可能であり、室内を挟む南北の屋外スペースが空間に変化と豊かさをもたらしている。


photo:Ishiguro Mamoru
【愛育苑診療所】 2004
東京葛飾の水元公園にほど近いのどかな場所で、先代から40年にわたり地元密着型として運営される内科診療所の建替えである。医療設備が多く必要となる診療所において、どこまで患者中心の空間を拡張できるかということ意識している。1階ではふたつの天井高をもたせ、上部を視線が通り抜けたり、2階では低く抑えられた天井高の病棟ボリュームに、天井高5.2mの空間を挿入させている。異なる2層の空間で感じる高低広狭さまざまな空間体感が、日常の生活景色にある豊かさを生んでいる。


photo:Hirai Hiroyuki
copyright : 2005 Takehana-gumi, All right reserved